SSブログ
前の3件 | -

やっぱり日本はIT後進国 [日記・雑感]

今日も日課である日本市場寄り付き確認をするために、ブラウザを起動して株価ボードを眺めようとしました。

ですが、いつまで経っても気配が表示されません。

まずは自分の環境を疑ってブラウザを換えましたがダメでした。

次に証券会社側のトラブルかと思って、ヤホーファイナンスで株価チェックをしようとしました。

そうしたら全体トラブルだそうで。

しかも終日取引停止するレベル。

その後にトラブル原因が書かれた記事を読んでみましたが、どうやらハード障害時の切り替えが上手くいかなかったらしい。

つい先日、デジタル担当相の無知蒙昧ぶりにあきれたばかりですが、日本最大の取引システムである東証がこのレベルとは。

富士通が構築したシステムらしいですけど、そう言えばシステム業界のサグラダファミリアと言われている、みずほ銀行のシステムも富士通が手がけていましたね。

そもそも富士通って役所以上に役所的な会社ですから、どんどんと新しい技術が出てくるIT業界についていける企業体質じゃないと思うのですよ。

だって、いまだにウォーターフォールモデルを神聖視したシステム開発ですからね。

しかもプログラムだけじゃなくて、インフラ構築にまで無理矢理ウォーターフォールモデルをはめ込んで品質向上!ってやってるし。

何が問題って、頭の固い富士通が巻き戻しの難しいウォーターフォールでやっているものだから、要件定義や基本設計での問題が実装段階とかで問題になると工程全部やり直しになるので、みんな面倒を避けて詳細設計レベルで辻褄を合わせようとしちゃう。

まあ、根本に手をつけずに小手先だけで何とかしようとしてしまうのです。

さらに富士通自体は要件定義と基本設計だけして、後の詳細設計や実装は協力会社や下請け会社に丸投げしますからね。

だから詳細設計や実装を手がけた事が無い人が作った基本設計。

経験不足だから、基本設計に問題が出ても「自分たちに問題は無い。そちらの問題じゃないか?」って基本設計に問題がある事が理解出来ていないケースも多い。

テストとかも失敗して基本設計から見直すと大変な事になるし、そもそも設計見直しを受け付けてくれないから、問題が起きないテスト項目を作ろうとしてしまう。

だって問題が起きたら「工数が足りないから無理」「納期延長なんてありえないから無理」となりますから、無難なテスト項目にも目をつぶるのです。

そうして好条件の下でシステム障害が出たと仮定して切り替わりテストにパスするのですね。

だから、いざ本当の障害が出たらマトモに作動しない。

そして、いざ本当の障害が起きたら、発注者は受注者を責めるだけ、受注者の責任者は担当を責めるだけ、担当は下請けを責めるだけ、となるので今後の向上には繋がりません。

まあ、「人月」「工数」「ウォーターフォールモデル」でガッチガチの富士通なら約束されたトラブルと言えるかもしれませんね。

やっぱり日本はIT後進国だ。




コメント(0) 

午後になるとナイアガラするのが好きな日本市場 [資産運用]

独身中年無職の一日は型にはまった動きをします。

ですので、型通りに昼過ぎからバーリアルを呑みつつブラッドボーンで遊んでいました。

そして型通りに後場引け間際で株価チェック。

何と言う事でしょう。

前場を見たときには権利落ち日過ぎても強いと思っていたのに、いつの間にやら日経平均マイナス350円。

私の手持ちも下落が目立っていました。

今年に入ってからこのパターン多い気がする。

前場小動きと思って気持ちよくゲームしてたら、後場ナイアガラで呆然となる値動き。

一体何が原因?と思ってヤホーファイナンスを見ると、どうやら米大統領選挙のタイマン討論会の結果を受けての事だそうで。

え?何で?別に日本時間の昼にやった訳じゃないよね?と思いながら記事を読み進めると、投資家たちの間では討論会は優劣が特につかなかったと見られたのに対し、世論調査でバイデンに軍配が上がったとの結果を受けて売りが殺到との事。

凄いですね、権利落ちよりも日本市場に影響を与えるのは米国の世論調査。

しかし不思議なのは、これまでメディアがバイデン有利!って報道しても気にしていなかったのに、同じメディアがやった世論調査でバイデン有利!ってなるとナイアガラ。

まあ、基本的に起こった事象に理由を後付けしているだけなので、もしかしたら別な思惑で後場ナイアガラしたのかもしれませんけどね。

ともあれナイアガラするなら前場からして下さい。

その方がゲーム後にモヤモヤしなくて済む。

ナイアガラしない方が嬉しいですが。




コメント(2) 

これは大臣を辞任したいって事かな [日記・雑感]

これぞIT後進国である日本って感じの記事が出ていました。

デジタル庁トップ「女性がいい」 平井デジタル相
平井卓也デジタル改革相は行政のデジタル化を推進する「デジタル庁」のトップに関し「女性がいい」との認識を示した。「デジタルの世界は海外の会議に出ると女性が多い」と述べた。28日夜のBS日テレ番組で語った。


いやあ香ばしい事を堂々と語っていますね。

理由が能力的にじゃなく、海外の会議で女性が多いからだって。

だったら、それより上のデジタル改革相に女性を据えた方が宜しいのでは?

現場に近ければ近いほど、お飾りの人間が上に立つと混乱が激しくなりますよ?

あっ、これは実は自分はふさわしくないから大臣を代えてと言外に言っているのかもしれない。

この方はさらに香ばしい事を言っています。

デジタル用語を自民党の二階俊博幹事長に説明できるのか問われると「それは不可能だ」と話した。「デジタル庁を応援してもらっているのは感覚的にやらないといけないだろうということ」と説明した。


平井氏は「感覚で分かるというのが重要な部分でもある。政治家はプログラムを書く必要がない」とも言及した。


用語を説明出来ない無能と理解出来ない無能が担当大臣と幹事長だそうで。

そもそもデジタル用語自体を説明する必要は無くて、要点を極力平易な言葉に置き換えて説明すれば良いだけの話。

細かな用語なんて現場作業者にとって重要なだけ。

いやあ、オンラインセキュリティの重要性が増している現在でこの感覚。

多分、政官財の全ての上は「セキュリティ何それ?おいしいの?」レベルなんでしょうね。

そりゃあ国民の富も泥棒に掠め取られますよ。




コメント(0) 
前の3件 | -