So-net無料ブログ作成

締め切りより早く終わらせる→エライって考え方 [仕事]

先日、夏休みの宿題はギリギリまでやらなかったと書きました。

そんな事を書いてしまったので、思い出したくない社畜時代の事を少しだけ思い出してしまったのです。

会社から社畜に対して下ってくる命令には、基本的に期日がありますよね。

その下ってきた命令の中には社内のオンライン教育といった、業務とは直接関係ないものが含まれていたりします。

私が在職していた会社は、タッチおじさんとか言う得体のしれないマスコットを使っていた某企業とパートナー契約を結んでいたので、そこからの仕事を継続的に受けるためにセキュリティ教育を受けたり、端末をチェックするプログラムを定期的に実施する必要がありました。

それ自体は別に面倒な事以外には特に不満がある訳ではありませんでした。

不満だったのは、その教育や端末チェックを早く終わらせろと頻繁に催促される事。

もちろん教育やチェックには実施期間が設定されています。

大体2週間程度です。

業務に支障をきたさない為に、時間が空いたときに実施できるようにする訳ですね、当たり前の話です。

にも関わらず本来の締め切りをさらに早めた締め切りを設定してくるのです。

実施開始の週末までに終わらせるようにとか。

これは某企業に「私の会社はこんなにも早くこなしましたよ」と尻尾を振っていい顔をしたいからです。

これがバカバカしくて仕方がありませんでした。

何の為の締め切りなのか、締め切り前に締め切りが何で必要なのか。

まあ、フルタイムで働く事は今後無いと思うので、こんなバカらしい要求でイライラさせられる事も無いでしょうから、今では単なる思い出になりました。




コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。