So-net無料ブログ作成

ついにVRのアレに手を出しちゃった [その他]

アストロボット購入から私の中でVRブームが到来しています。

この盛り上がった勢いに任せて、大部分の男性がVRと結びつけるであろうアッチ系に手を出してみる事に。

PC系のVRデバイスならアッチ系のゲームとかも充実していますが、何せPC系は『VIVE』にせよ『Oculus Rift』にせよお高い。

それだけじゃ無しにPC自体へのスペック要求が高いので、今使っているオンボロPCじゃ紙芝居の動きになるのが目に見えています。

なので私が保有しているPSVRでアッチ系を試すとなるとDMM一択になりますね。

まあDMMのアッチ系は名称変更したらしいですが、私にとってDMM=アッチ系で固定してしまっているのでDMMとしておきます。

PSVRを購入したときからアッチ系に興味が無かった訳ではありませんが、youtubeや360°Channelなどの実写VR動画って粗いんですよ、画質が。

平面でブロックノイズが出ていてもさほど気にしないタチですが、VRでブロックノイズはかなり気になるものです。

さらにあの辺にアップされている実写VR動画って、人のサイズが大きすぎたり小さすぎたりと違和感を感じるものが多い。

なのでアッチ系のほうも画質が悪かったり寸法がおかしかったりすると、気分が乗らずに元気になってくれないんじゃないかと思って今まで手を出しませんでした。

そんな懸念がありながらも、盛り上がったVR熱の勢いに任せてDMMのサイトにゴー。

VR対応動画を確認すると結構安い。

1動画あたり500~1000円です。

レンタルビデオが始まったころの貸し出し価格くらいですね。

そう考えるとお買い得に思えてきたので、好みに合いそうなヤツをポチります。

何をポチったのかは言いませんよ、世間にソッチがどんな趣味なのか披露する趣味はありませんから。

そしてゲームをやる時とは別な興奮を抑えながら再生。

再生した動画は最後までは見ませんでした。

見なかった理由は途中でミッションを達成してしまったからですね。

素直に凄かったです。

新たな扉が開いた気がします。

若い子に体験させたら少子高齢化にさらなる拍車がかかりそうですよ。

懸念していた画質は4Kに対応していないPS4なのに、かなりクリアな画質。

つかyoutubeのVR動画達はもっと頑張れよとしか思えないほどの画質です。

人の縮尺もやや小さく見えますが許容範囲ですね。

顔を近づけられると温度まで感じられる気がする、不思議。

難点を挙げるとすれば、不自然に現れるモザイクが気持ちを萎えさせるところ。

モザイクじゃなくて謎の光か肌色で塗りつぶしたほうが自然に見えそうな気がします。

今どきは小学生でもネットでモザイクの無い動画が見れちまう訳ですから、いらないと思うんですけどねえ。

アレ目当てでも良いので、もっとVR普及して全体の質が上がって欲しい。

youtubeとかのVR動画だと「何だVRってこの程度か」って思われてしまいそう。




コメント(2)