So-net無料ブログ作成

私が引き篭もりに耐えられるのはSNSに手を出さないから? [その他]

SNSを頻繁に利用でうつ病のリスク

米心理学者らが、143人の大学生を対象に実験を行い、長時間のSNS利用はうつ病と孤独感の発生につながると明らかにした。


大学生にいつも通りSNSを利用するグループとSNSの利用を10分以内に抑えたグループに分けて、3週間後の感情状態を確認したところ、10分以内のグループには孤独感やうつ病の徴候が少なかったそうです。

ツイッターもフェイスブックもインスタグラムにも一切手を出していない私が、孤独感に耐えられる頑強な精神を持ち合わせていると証明されてしまった。

さらに裏を返せば引き篭もりリタイア生活をする人間は、SNSなんぞに手を出してはいけない事が判明した訳です。

まあ引き篭もる奴が、そもそもSNSのようなコミュニケーションツールに積極的になるはずもありませんけどね。

年齢の限定された対象者143人に、3週間だけ実施した実験がどこまで信頼できるかは置いておいて、数少ない友人からツイッターの一つでもやってみたら?との催促を頑なに拒んできた私の行動は、快適な引き篭もり生活をするために適切な行動だったのです。

使って孤独感に苛まれでもしたら、私の快適な引き篭もりライフに支障をきたしますからね。


コメント(6)