So-net無料ブログ作成

お財布的には米中貿易対立は困りもの。でも心情的には「いいぞ!もっとやれ!」 [資産運用]

週の初めから日経平均が大きく下げましたね。

追加資金をアテに出来ない無職の身には株価の下落はこたえます。

私は現物株でしか取引しないので下落局面はどうにもなりません。

そんな訳ですから米中貿易対立激化は、日本株しかやっていない私にもダメージが来るので困ったものなんです。

なので世界経済が順調に成長して頂くのが、私の懐事情としては望ましい。

ですがその世界経済の成長の一端を担ってきた中国の経済成長は、はっきり言って貿易ルールを無視しているやり口。

WTOに加盟しているとはとても思えないですね。

中国が発表する経済の数字はアテにならないですし、他国の技術を合弁会社を強制する事で少し前までは露骨に最近は巧妙に盗み、それを使って自国の経済を成長させる。

自国のマーケットは都合の悪い外国企業を締め出して、他国のマーケットは合弁会社から盗んだ技術を使って進出する。

そんなアンフェアな市場活動をしてきた中国共産党に対して、ようやく正面切って「いい加減にしろ!」と米国が叱りつけたのです。

私のお財布にダメージが来るのは辛いです。

でも心情的には「やっちまえ!」と思っていたりします。




コメント(2)