So-net無料ブログ作成

卵がえらい安くなってる [買い物]

まだ数日引き篭もっていても食材は何とかなりましたが、牛乳を切らしてしまったので業務スーパーへと買出しに出かけました。

業務スーパーにたどり着くと、まず目を引いたのが卵です。

一週間ほど前に買出しに来た時に、ミックス卵の1パック10個が税込みで100円を切っていたのでテンションが上がり、さらにお一人様制限も無かったので思わず2パック購入してしまいました。

それから1日に2個の卵を食べる事もあるくらいの、贅沢な卵パーリーな日々を過ごさせて頂いたものです。

さすがにいつもの価格に戻っていると思っていましたが、何とお値段据え置き。

まだ卵には余裕があったので購入は控えましたが、これは何かあったに違いないと、帰宅後に教えてグーグル先生しました。

そこで見つけたのがこの記事。
卵の価格下落がこのままでは「底なし」になりかねない理由
 鶏卵の価格が歴史的な安値水準まで下落しています。卵の価格の指標になるJA全農たまごの初取引で、Mサイズが1キロ100円の値をつけました。例年、その年の初値は下がる傾向にありますが、この100円というのは15年ぶりの安値で、現在でも130円と非常に低い水準で卵の取引価格が推移しています。


その記事の中で卵の価格下落の原因が語られています。
このような事態を招いた重要な分岐点が、2015年の鶏卵価格の高騰にあったといいます。この年、卵の取引における年平均価格が224円という高値で推移したことで、生産者が競って設備投資をし、飼育する鶏の数を増やしました。結果として、この年を境に業界全体で卵が供給過剰となり、今回の歴史的な安値を迎えてしまったのだといいます。


これによると過剰な設備投資で価格に値崩れが起きたとの事です。

この記事の内容が正しいとしたら、しばらくは卵価格は下止まりしそうですね。

生産者にとってはたまったもんじゃ無いでしょうが、買う側からするとありがたい限りですよ。

卵の有無で食事の満足度って大きく変わりますから。

朝ごはんなんて、卵かけご飯+納豆だけで大満足できる男です。




コメント(2)