So-net無料ブログ作成

早期リタイアするか悩むなら、しない選択肢が正しいと思いますよ [セミリタイア]

暖かくなってきて、ベランダ菜園の準備をし始めたりと、少しは活動的になってきた今日この頃です。

そうは言っても、ブログに書き連ねるほどのアクティブイベントをこなしてもいないので、中年無職の日常はお休みとなります。

で、日記に書くこともないので、中年無職が考えるリタイア適正の話でも。

早期リタイアでもセミリタイアのどちらでも構いませんが、リタイアと名が付く行為に及ぶ場合に避けて通れないものがあります。

フルタイマー労働者からの脱退ですね。

30前半までに踏み切ってしまうような、セミリタイア界でも変わり者な方を除くと、基本的には40過ぎて踏み切る人間が多いのがリタイア界の常識です。

そして、このフルタイマー労働者の身分は、一度脱退すると戻ろうとしても戻れないか、条件が悪化した形でしか戻れないのが現実。

故に、リタイアをするかしないかで悩んでいる方は、定年まで踏み切らないのが正しい選択肢だと私は思います。

これがリタイアをいつするかで悩んでいる方なら、早まってリタイアしてしまっても激しい後悔に襲われる事は無いでしょう。

下手糞な例えをさせて頂きますと、いくら映画好きな人であってもホラー映画が怖い人はどのタイミングで見ても後悔するのです。

夜中に見ようが明るい昼間だろうが見たら後悔します。

それが名作の呼び声が高かろうが見たら後悔します。

信頼できる映画評論家がべた褒めしようが見たら後悔します。

いくら後悔しないように視聴環境を整えてから見ても、合わない人には合わないのです。

これが、いつ見るかで悩んでいるだけの人なら、せいぜい夜中見たら凄く怖かった、昼見ればよかった程度の後悔しかしません。

リタイアするかしないか、根本の部分で悩む人は、どんなに条件を整えても最後は後悔すると思うので、素直に定年まで働く事をおススメしますよ。




コメント(4)