So-net無料ブログ作成

他人との調整が必要の無い無職は気楽だ [ゲーム]

私が無職になる前の社会の歯車だった頃は、待ちに待ったゲームの発売日には有給休暇を取ることがしばしばありました。

私は「ゲームをやりたいから休むよ」と堂々と宣言して休んでいましたが、これをやるには結構大変な思いをしていたのです。

何せ、発売日の仕事予定を上手く外す為に、その日に休むと言う種まきを大分早くから始めて、実際に休むための実務をいつもより頑張ると言う水遣り、周辺の作業で私が応援に呼ばれない為にトラブってそうな案件への対策と言う防虫対策などなど、色々な調整を経て、ようやく収穫出来る訳です。

今にして思うと、ゲームを発売日にやるために、何でそこまで調整しなきゃならんのかと馬鹿らしくも感じます。

ですが、ありがたい事に煩わしい調整などいらぬ無職。

そろそろリリース日が近づいた「隻狼」をポチりましたよ。

誰とも何も調整なんぞいらないのは素晴らしいですね。

買うか買わないかだけの判断のみが必要なだけです。

しかも4日後には仕事への支障など考える必要も無く、ゲームに没頭できるのが無職の強み。

これまでの過去の労働に、どんなに感謝しても感謝しつくせませんね。




コメント(8)