So-net無料ブログ作成

昔の取引履歴を見るとなかなかに面白い [資産運用]

私は請求書だのと言ったお金に絡む書類は、ずっと残している性格の人間です。

しかしさすがに少しは整理しておこうと思って、書類の山をひっくり返してみました。

その中で証券会社から送られてきていた取引履歴を見ている内に、つい作業が止まってしまいましたよ。

片付けが進まない人の典型例ですね。

そんな片付けの手を止めさせた取引履歴ですが、見てみるとなかなかに面白い。

私が株式に手を出したのは2005年あたりだと思っていたんですが、履歴を見ると2003年12月から始めていたようです。

人の記憶なんてあてにならん事が良く分かります。

そして初めて買った銘柄はソフマップでした。

そこから数日遅れてカノープスを買っていますね。

カノープスを買ったことは覚えていましたが、ソフマップに手を出していたのはすっかり忘れていましたよ。

ほとんど値動きが無いまま処分したので忘れてしまったようです。

履歴を見ていると、やはり自分の興味を惹かれる銘柄に偏っているのがわかります。

始めの頃は、PC関連とゲーム・アニメ関連の銘柄ばかり買っていたようですね。

オンキョーだとかターボリナックス、GONZOにマッグガーデンなんてのにも手を出していたらしい。

カプコンや日本ファルコムとか己の趣味丸出しの銘柄購入。

まあその後はライブドアショックからリーマンショックの流れで、一時期は400万近いマイナスに落ち込んだ事を覚えています。

そこで投資から足を洗う選択肢もありましたが、民主党不況を耐えてアベノミクスまで粘った甲斐があって、少しだけプラスまで戻せましたよ。

あの時やめていたら、おそらく投資を始めようとする人にネガティブな情報ばかり吹き込むオッサンに成り果てていたと思います。

結局、15年以上投資を続けてきて分かったのは、株で儲かるか損するかは経済情勢次第だって事ですね。

仮にアベノミクスが始まったあたりから投資を始めていたら、かなり自分の実力を過信するようになっていた事でしょう。

そして本日の書類整理はほとんど進みませんでしたよ。




コメント(0)