So-net無料ブログ作成

3349万円する薬の保険適用が決定 [日記・雑感]

1回3349万円の白血病治療薬、保険適用を決定
1回の投薬で、3349万円もする白血病治療薬が公的な医療保険でカバーされるようになる。厚生労働省は15日、白血病など血液のがんで高い治療効果が見込まれる「キムリア」の保険適用を決めた。


3349万円する薬が保険適用になるようです。

価格は高いものの、若年であれば8割に効果が出る薬との事で、白血病を患っている方には朗報と言えるでしょう。

どのような薬や診療行為が保険適用になるべきかについては、私は専門知識もありませんのでどうこう言うつもりはないです。

ただそれによって、今でもお高い国民健康保険税がさらに高くならない事を祈るばかりです。

医療の進歩に伴い、治療費が高額になるケースは増えている。健康保険組合連合会によると、2017年度に1カ月の医療費が1千万円以上かかった件数は532件で、5年前に比べ2倍に増えた。


記事によると、高額療養費は2017年度実績で5年前の2倍とありますから、やはり保険税が上がってしまいそうですねえ。

それ以上に気になっているのが、昨今、健康保険制度の穴をついて外国人に食い物にされていると報道されている事です。

これほどの高額薬が保険適用になった場合、喜んで不逞な輩が海外から押し寄せてきそうで不安ですね。

薬や診療行為の保険適用を議論するより前に、保険適用される人間の議論を先に進めて欲しいものです。




コメント(0)