So-net無料ブログ作成

日本の輸入が全て止まった場合の食事 [日記・雑感]

農水省が提示した輸入が止まった場合の食事がひどいとの話題が、某巨大掲示板のスレに立てられていました。

その部分が↓です。
食事.jpg
全文は↓
http://www.maff.go.jp/j/zyukyu/zikyu_ritu/pdf/tabemono_pamph25.pdf

どんなにひどいものかと思って見てみると、私の感想は「意外と大丈夫そうだ」です。

元々食事に対する要求が高くないからでしょうね。

スレの住人たちはボロクソに言っていましたけど。

私が文句をつけるとしたら、卵と牛乳をもう少し食べさせて下さいって事くらいです。

卵や牛乳が週一くらいになってしまうのは、それだけ飼料用の穀物を輸入に頼っているからって事なのでしょう。

ご飯が1日2食分あるのは、農産物の補助金が米に偏っているせいでしょうね。

もう少し、米にだけ偏った補助金を飼料用穀物や大豆などにも回してあげれば、食卓に彩りが増えそうな気もします。

しかし、こう言った話題に対する(掲示板に偏っているとはいえ)世間一般の反応と、私の認識のズレを確認するたびに、私の貧乏耐性の高さを感じる事が出来ます。

まあ貧乏耐性が高くなきゃ貧乏リタイアなんて踏み切りませんけど。

つまり世の中には、貧乏リタイアが出来る人は極少数だって事ですね。

健全な社会で安心です。




コメント(4)