So-net無料ブログ作成

無職になってからネット通販の利用が激減 [買い物]

無職になってからネットでの通販利用が激減しています。

まあネット通販だけじゃなくて買物自体が減ってはいるのですけど、社畜時代には食品から日用品、酒類とかもネットで買うことがありましたが、無職になってからは実店舗じゃ手に入れづらい物しか買っていません。

社畜全盛の頃にはネット通販にハマって、それこそ毎週のように何かしら買ってた時期もありましたね、今にして振り返ると愚かしいとしか思えませんが、それもあっての現在ですから今さら悔いても仕方がありません。

早期リタイアを意識し出した頃からでしょうかね、ネット通販依存症が快方に向かったのは。

快方に向かったと言っても、社畜末期の頃でも2か月に1回くらいはネット通販してた気がします。

無職後、ネット通販は3~4回くらいでしょうか?半年に1回レベルですね。

電子書籍やゲームのダウンロード販売を含めてしまえば結構な数になりますけど。

まあこれらを含めると、社畜時代のネット通販頻度も跳ね上がるので含めない事にしておきます。

それらも無職後は減りましたし。

今にして思い返すと、頻繁にネット通販をしていたのは、労働で失われた時間を取り戻そうとしていたのかな?と思います。

時間(労働)を金に換えていた社畜時代だからこそ出来る贅沢ですね。

今は別に時間は金に換わりませんし、その時間を実店舗への移動時間にすれば良いだけです。

ネット通販は送料ってものがありますから、結局のところ実店舗を回った方が安く買えますし。

送料の掛からないデジタルデータがネット購入のメインですね、今は。

不思議なもので、無職になって生活(主に暇つぶし)におけるネットへの依存が大きくなったのに、ある意味で生活(食事など)におけるネットへの依存が小さくなりました。

まあ引き篭もり無職は、買物くらい自力でやらないと弱ってしまいますからね。




コメント(2)