So-net無料ブログ作成

だったら有事のたびに買わないでくれよ [日記・雑感]

日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう
<日本は「かつて豊かだった」のではなく、もともと貧しかったのだ。事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わっていない。昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば、日本経済はトンネルを抜けることはできない>


今日は(も)食べて遊んでただけの一日なので大して話題が無いためにお茶濁しです。

リンク先の記事は読む価値も無い駄文ですので、お気をつけ下さいね。

とにもかくにも日本はダメなんだ、落ちぶれてしまったんだ、落ちぶれたのか?いや元から落ちぶれていたんだと、何としてでも日本を悪く言いたくて仕方が無い。

そんな記事です。

私は手放しで日本を褒める記事も露骨に日本を貶す記事も、どちらも信用に置いてないので、元記事も真面目には読んでいません。

では何故、いくらブログネタが無いとは言え、そんな駄文を持ち出したかと言いますと、最近急な円高方向に振れたじゃないですか?

世界がキナ臭くなってくるとリスク回避で円が買われる。

よく聞く説明です。

ですが、この記事によれば後進国なのです、日本は。

にも関わらず、有事になると先進国のお歴々が必死に後進国の通貨を買い漁る訳です。

記事を書いた人に言いたいですね、先進国のお歴々に後進国の通貨を買っちゃいけませんよ?って記事を書いた方が役に立ちますよと。

何で私がこの記事を見かけて、そんな風にイラついてしまったかと言えば、幾ばくかのお金を外貨に換えているのと、ドル建て社債を保有しているからですね。

要は八つ当たりです。

こっちは円高で損しているのに駄文を書いてんじゃねーよって。




コメント(2) 

無職後は一日が長いと感じる事が無くなった [日記・雑感]

人間は歳をとるごとに時が過ぎるのが早くなると言いますね。

ご多聞に漏れず、私も35歳あたりを過ぎたころから早く感じ始めました。

40歳過ぎあたりからは、さらに加速感が出てきましたね。

時は早く過ぎるのに体は早く動かせない、そんなジレンマを感じながら歳を重ね続けておりますよ。

ただ、社畜時代を思い起こすと歳を経る事にどんどん短くなる月日とは言え、それでもやけに長く感じる一日なんてのが年数回はあったものです。

本当に嫌な仕事をしている時だの、自分に関係ないのに他人の尻拭いに駆りだされるだのと、ストレスでしかない事をやらされていると、とてもとても長く感じます。

そしてそんなストレスを感じる嫌な嫌な時間ってのは、基本的に仕事が絡むものですから今の私は遭遇しません。

だから長く感じる日が無くなった分だけ、時間のブースト加速に歯止めが掛からなくなりましたね。

気持ち的には、まだ無職後半年も経っていない無職ルーキーくらいなんですけど、実際には1年半をとっくの昔に経過してルーキーとは呼べない領域。

まあ、ギリギリの睡眠時間で疲れのとれない体にムチ打って働いていたのが、目覚ましに依存せずに目が覚めるまで寝てから起きて大半は遊びなので、ヘロヘロ社畜とシャッキリ無職で感じる時間差ってのもあるでしょう。

実際、睡眠時間分だけ社畜時代は長く動いていますし。

無職になった現在では、ストレスが感じる事なんてクソ長い数円報酬アンケートを回答している時くらいです。

でもクソ長いアンケートは体感時間より回答時間の方が過ぎてしまっていて、むしろ時間を返しやがれ!チクショウ!って感じるので、不思議と一日が長く感じる要因にはならないのですよね。

そんな無職の経験からして、ゴールデンウィークとかの大型連休とやらで、僅かでも一日が長く感じられる人は多分リタイアに向いていません。

そんな人は金があっても働き続けるのが良いと思いますよ。

この手の生活は資産の有無は関係ないのです。

当人が生まれてからこれまで培ってきた資質、そいつがリタイア生活に適合するか否かが一番重要ってのが私の持論です。




コメント(2) 

面白く感じるものは作られた時代なんて関係なく面白い [ゲーム]

PS4で今の値段で買ってまでやりたいゲームが見当たらないので、退職前に買い漁ったPS2のゲームを消化しています。

先日、ドラクエ8をクリアして、クリア後の要素もある程度はやり尽くしたので次のゲームへ移りました。

で、移ったゲームなんですけど「葛葉ライドウ 対 超力兵団」ってゲームです。

ただでさえメガテンシリーズは好みが分かれるのでメジャーになりきれずにいますが、このゲームはそのメガテンから派生しているので、認知度はそれほど高くないでしょう。

正直言って、同じくメガテン派生でメガテン以上にメジャーになったペルソナはイマイチ好みに合わなかったのですけど、このゲームは違いましたね。

同じメガテン派生のアバタールチューナーも楽しめましたが、こいつはそれ以上に楽しめています。

PS2のゲームなので、最新ハードと比べれば色々と難はありますが、人が面白いと感じるのは操作性とかグラフィックとかじゃないのでしょう。

私はどうやら育成要素のあるゲーム、しかも主人公の育成じゃなくて仲間の育成要素を好むようです。

そしてその仲間が人であるより、クリーチャー的なやつを好むらしい。

遊んでいて「あと1時間・・・」みたいに、ついつい長時間遊んでしまうゲームって意外と無いものです。

仲間の育成が楽しすぎて主人公のレベルが上がりすぎてストーリーボスが弱く感じちゃうけど、それでも楽しい。

今はPS2より二世代新しいハードに触れられ、間もなく三世代先のハードが出ようかと言うご時勢。

でも二世代前のゲームであろうが、やはり己の琴線に触れる面白さのゲームは時代に関係なく楽しめるのですね。

このゲームの続編も買ってあるので、しばらく楽しめそう。




コメント(2)