So-net無料ブログ作成

一度身についた習慣は油汚れ以上に落ちない [食事]

一度身についてしまった習慣は厄介なものですね。

服についた油汚れ以上に厄介ですよ。

服についた油汚れは目に見えるので認識しやすいですが、習慣の方は自分で意識しないと気がつかないので厄介さは比べ物になりません。

こだわる必要の無い習慣は気がついたら修正するように心掛けていますが、無職から1年半が過ぎ去ったのに、またしても意味の無い習慣に気がついてしまいました。

これまでに修正した習慣も幾つかありまして、それが何かと言いますと、まずは酒呑みのタイミングですね。

社畜の習慣を引きずっていたためか、「酒は日が傾いてから呑むもの」なんて思い込みが強くて、何故か夕方過ぎるのを待ってから呑み始めていたものです。

別に「昼に酒を呑むなんてケシカラン!」なんて見張られている訳でもないのに滑稽な事ですよ。

ですので、現在では昼から呑み始めて夕方には呑み終えて、酔いを醒まして就寝を迎えています。

酒が夜の飲み物ってルールは有職者側のルールであり、無職者はそれに従う必要なんてありはしないのですから。

そして、朝っぱらからじゃなくて昼から呑み始めるのには、もう一つの社畜時代の習慣の打破が大きく関わっていました。

それが「買物は見切り品が出やすい夕方以降から閉店時間の間にするべし」って事です。

確かに社畜時代の見切り品漁りには大変お世話になりました。

見切り品に支えられなければ「もうちっとだけ(社畜時代が)続くんじゃ」と思いながら、なかなか終わらない社畜時代を今も嘆いていたかもしれません。

節約がはかどったのも見切り品のお陰。

それは分っています。

ですが、それまで有効だったモノも状況が変わると役に立たなくなるもの。

やはりお疲れな社畜だと、見切り品も簡単に食べられる惣菜系が増えるのです。

そして惣菜系の見切りが多くなるのは夕方以降。

でも今は違います。

正直、見切り品を買うよりも安い食材からテメエで作った方が安い。

で、食材系の見切りは時間帯に関わらないと言うか、余程足の早いヤツじゃなきゃ開店時の方が多く出ています。

私にとって買物は面倒事です。

そんな面倒事は早めに済ませて楽しい事をしまくった挙句に眠りたい。

社畜の呪縛に気がついた私は、買物を午前中に済ませるようになりました。

数々の呪縛を振りほどいて完全に呪縛から解き放たれた、そう思っていたのです。

ここで始めに戻って新たに見つけた呪縛のお話です。

気が付いたのは「朝は簡単な食事で済ませて、夜は少し手の込んだ食事にしよう」って呪縛ですよ。

朝を簡単に済ませようなんて、これからお勤めする人の発想でしょう。

むしろ朝をガッツリと食べて、大いに遊び、夜を簡単に済ませて眠る。

これで良いのではないか?

何て事に気がついたのです。

まあ、まだ実践していないです。

思ったより呪縛は強いようなので「朝動きたくないな~」何て気持ちが強いような気もしますし。

こいつが社畜時代の呪縛かどうかは、タイムリッチな無職特性を活かして、これからゆっくりと検証していくとします。




コメント(2)