So-net無料ブログ作成

外篭もりは自分には合わない手段なんだろう [セミリタイア]

一番始めに言っておくことは、私は海外渡航経験が1回しかなくて、しかも日本語が通じやすいハワイだけです。

そして、その1回のハワイで海外はもういいやと思った人間であると断っておきます。

あ、一応断っておくとハワイで別に嫌な経験をしたとかじゃないですよ。

そのくらい腰の重い人間の感想であると断ってから本題に入りたいと思います。

アーリーであってもセミであっても、労働年齢でリタイアを夢想してしまう人が一度は目にする言葉だと思います。外篭もり。

年に何回か行けば物価の高い日本での生活費を浮かせられて (゚д゚)ウマー

そんな感じで、「遊びながら節約!」みたいなブログが散見されます。

引き篭もりの私ですらも「ちょっと検討してみようかな?」なんて心の迷いを持たなかった訳じゃありません。

けど私には確実に無理だと悟りました。

外篭もりをしている方のブログを拝見していて気が付きましたが、物価の安い外国で外篭もりをしている割りに、私より資産減少が早かったのですね。

私が読んでいるブログの方は1年半ほどで250万以上の資産減少でした。

資産公開している外篭もりセミリタイアブログなんて数は多くありませんから、当人の許容範囲まで使っていて、それを持って外こもり費用にするのは乱暴すぎるのは分っています。

でも私は日本にいて年100万以下の資産減少を目標にしている訳です。

せめて100万のラインは余裕で切れないと話しになりません、てか金が足りません。

しかもそのブログの方は家族と同居での資産減少ですから、一人暮らし中年より日本での生活費はかかっていないはず。

それから考えると、外篭もり費用が私の生活費より高いか渡航費分を賄えていないって事になります。

まあ、海外滞在中は外食だけみたいなので、滞在中に自炊するなら安くなるでしょうけど。

自炊ができる滞在先とかが安く借りられるのか分りませんが。

そんな事で考え出した私の結論。

海外で節約リタイアは永住する覚悟じゃなきゃ無理。

そんな結論に落ち着きました。

日本でも浪費する傾向の人じゃなきゃ、外篭もりが安いって感覚にはならんのじゃないかなと。

以上、引き篭もりが外篭もりをちょっとだけ夢想した話でした。




コメント(6)