So-net無料ブログ作成

独身引き篭もりにとってはかなり悲報です [日記・雑感]

エーザイ、アルツハイマー薬の治験中止 残り1剤に望み
エーザイは13日、開発中のアルツハイマー病の治療薬候補の臨床試験(治験)を中止すると発表した。米バイオジェンと共同開発中の経口治療薬「エレンベセスタット」で、製品化前の最終治験に入っていた。エーザイとバイオジェンは今年3月にも別の治療薬候補でも治験中止を発表。アルツハイマー治療薬では残る1つの候補薬に望みをつなぐ。


エーザイがアルツハイマー治療薬の治験を中止して、残りの治療薬候補は1つだけとなったそうです。

独身引き篭もりリタイアをしている私にとっては結構気になる病気なんですよ、アルツハイマーと言うか認知力に関わる病。

正直言って今の生活スタイルで一番怖いのが、資産減少でもなく、ガンだとかの病気でもなく、認知症になる事なんです。

資産減少は仕事を選ばず働けば何とかなるものですし、最悪は生活保護を受けるって選択肢だって残っています。

認知症以外の病気であれば、自分の終りに向けた何かをする事が出来ます。

でも認知症になると自分の家の場所とか、へたしたら自分が何者なのかも分らなくなってしまうのですから、一番怖いのはやはり認知症ですね。

実際、母親が亡くなる数年前から軽度の認知症と思われる状態になっていた時は、社畜で出張していた時など気がかりで仕方がありませんでした。

多分、一人暮らしだと認知症になると相当なハンデを背負う事になるでしょう。

特に会話が極端に少ない引き篭もりライフなので、他の人よりは発症率が高そうですし。

ですから非常に気になる分野の治療薬だったんですが、やはり脳の病気は難しいのでしょうね。

まあ確たる予防法がある訳でもないし、運を天に任せるしか私に出来る事はありませんので、なったら諦めるしかないのですけど。

問題は他の病気と違って、なった事が認知できるのか分らないってところです。

恥ずかしいPCデータを消去する事すら忘れてしまうかも。




コメント(4)