So-net無料ブログ作成
セミリタイア ブログトップ
前の3件 | -

無職2年目決算 [セミリタイア]

本日は私が勝手に決めた無職決算日です。

何故、2/15を決算日にしたかと言えば、単純に退職金が振り込まれた日だからですね。

俗世間との繋がりが切れて、メデタク最下層に突入した記念日です。

それはどうでも良くて、さて、無職2年目の資産推移はどうなったのか。

1年前の本日時点で、メイン証券口座約1153万、銀行口座約1301万、サブ証券口座約38万、合計約2492万でした。

今年の本日時点では、メイン証券口座約1180万、銀行口座約1177万、サブ証券口座約43万、合計約2400万となっています。

前提を言っておくと、私は最近のリタイア組には余り見かけない資産取り崩し型リタイア。

目標は年100万以内の資産減少に留める事となっています。

一応、目標達成ですね、92万減少ですから。

でも、内容的には大惨敗。

注目するべきは銀行口座の減り具合です。

去年の5月に盛大にやらかしましたからねえ。

一晩で十数万をふっ飛ばしました。

目標達成できたのは唯一残してある手持ち銘柄が好調だっただけ。

それが無ければ名実共に大惨敗だったはず。

いや、やらかしがなきゃ80万減少以内に収まって自惚れてしまったかもしれない。

そうならない様に、私の知覚できない大いなる力によって帳尻が合わされたのですね、そう言う事にしておきましょう。

まあ目標達成なので良しとします。




コメント(0) 

頑張ってリタイア計画を立てても実施できる心の強さがないと [セミリタイア]

無職生活が3年目に突入したのですけど、私が無職前に描いていた青写真ってものをお伝えすると、それは「退職後の2年は働かずに3年目以降は週3くらいの労働で」ってなものです。

その3年目なんですけどねえ。

まっっっっっっったく働く気が起きねえよ。

アレですね、下手な考え休むに似たりって言いますよね?

下手な考えだったのですよ、似たりどころか休む気マンマンですからね。

まあ、私の雑なリタイア計画では資産減少を年100万以内に抑え、それでもって予想寿命の68歳まで乗り切るってモノ。

68歳より先は知らんって感じでしたが、当初の3年目から週3労働ってやつは、そうしなければ私の節約術では資産減少に耐えられないだろうと思っての事です。

それが初年度で働かずに100万以内の資産減少を達成しちゃいましたからねえ、欲ってものが出てしまいました。

普通の人なら欲ってものは金を使う側に向かうものですけど、私の欲は違う方向に向いているようですね。

最大の欲求は「働きたくないでござる」だったようです。

この事から何が分るかと言いますと、頑張って計画立てたところで、それを粛々と実施できる心の強さがないとダメって事ですね。

私の場合は上手いこと働かずに済むならそのままで、くらいの気持ちで踏み切ったつもりですけど、今の体たらくを考えると仮に初年度で浪費が過ぎていたとしても、ぬるま湯が心地良すぎて行ける所まで働かないに変わっていた気がします。

つまり己の心が弱いと自認している人は、余裕を持った計画を立てましょうねって事です。

結局のところ、追い詰められるまで働かないな私は、と3年目になってようやく気が付いた無職でした。




コメント(4) 

リタイア生活実践者の「寂しい」←理解できる「暇」←理解できない [セミリタイア]

私自身は、今のところ引き篭もり無職生活を寂しいと思った事は無いです。

ですが、独身者のリタイア生活実践者のブログなり某巨大掲示板の書き込みには、「寂しい」みたいな事が書かれているのを見かけたりもします。

自分では感じた事はありませんが、これに関しては理解出来た気持ちにはなれますね。

確かに独身者が労働の一線を退くと、極端に人付き合いが減りますから。

しかしながら、こちらは独身者に限りませんが、リタイア生活実践者のブログや書き込みで理解出来ないものがあります。

それは、リタイアすると「暇」と書かれているのを見たときですね。

私とはかけ離れた、おそらくは日本でもトップレベルの資産か、全ての世話をしてくれる幸せなご家族をお持ちの生活をしているのでしょう。

家事とか自分で一切せずとも家族が全てやってくれるか、金で全て解決できる境遇としか思えないのですよ、「暇」で仕方ないってのは。

例えば、手の込んだ料理とまでいかなくても、そこそこ真面目に料理するだけでも、1日のうち30分~1時間は取られるでしょう。

それ以外に洗濯だの掃除だのと、少しでも真面目にやろうとすると手間が掛かるシロモノは数多くあります。

私自身は家事に手抜きをした時間を遊びに割り振っているくらいです。

もしかしたら、とんでもないショートスリーパーの人かもしれませんね。

私は8時間以上寝ていますけど、3時間睡眠で満足できる人なら5時間余分に使える訳ですし。

まあ、5時間余裕があれば5時間だけ遊ぶ時間が増えるだけ、そんな気はしますけど。

何にせよ、やる事が無く暇でリタイア生活を送れないって人は、初めから向いていない人だったと思いますね。

その手の人たちって、大型連休とかをどう過ごしていたのかが気になります。

もしかしたら、大型連休とかが一切取れない生活をした反動で、リタイア生活シフトみたいな極振りしちゃったのかもしれませんね。

ま、余程環境に恵まれた人かリタイアに向いていない人が間違ってリタイアしない限りは、「寂しさ」は感じても「暇」は感じない気がします。

恵まれた環境になった事がないので、単なる妄想にすぎませんけど。




コメント(0) 
前の3件 | - セミリタイア ブログトップ