So-net無料ブログ作成

気が付けば業務スーパーの戦略に嵌められてました [食事]

私は貧乏リタイア生活にとって幸いな事に、基本的に大抵のモノは美味しく頂けます。

もちろん何でも同じ味に感じているとかではなく、これはこれで十分と自分の中で納得できれば、他人からするとグレードが低くなったとしても平気だって事ですね。

そんな私は、少し前までは業務スーパーの徳用ウインナー1キロのリピーターでした。

少々脂ぎった感じのウインナーですが、若かりし頃と違って大量に食べる事も無くなり、少しくらい脂があったところで、自然とカサカサになってくる中年には丁度良いくらいのもの。

転機が訪れたのは、平成最後と銘打って実施した業務スーパーのお祭り。

そこで発売された「鶏屋さんのハーブウインナー」

こいつが徳用ウインナーを下回る価格で売り出されたのです。

価格が安い上に500グラムと独身に配慮された内容量、さらには徳用ウインナーより脂ギッシュじゃないので大満足でした。

そして祭りが終り、グラム単価としては徳用ウインナーより高くなりました。

ですが、私は祭り以降は徳用ウインナーを買っていないのですよ。

完全に鶏屋さんのハーブウインナーに鞍替えしてしまったのです。

業務スーパーの戦略にまんまと嵌められましたね。

まあ、嵌った当人も満足していますけど。

半分量でグレードアップ、でもお値段は少しだけしかアップしません!ってヤツを、スモークチキンあたりでもやって欲しいですねえ。




コメント(2) 

自分がスキルアップしたと錯覚してしまう [食事]

凄いのはお前じゃない!道具の方だ!って事があるかと思いますけど、今の私がそれです。

自分で作る料理には「さしすせそ」一筋だったのですが、昨年末あたりに気の迷いで鶏がらスープの素を買った事で、あっさりと宗旨替えする事となりました。

やはり何かに偏るのは良くないですね、何か一筋で褒められるのは職人芸くらいなものです。

その事を書いた時に、色々と料理が捗る調味料類を教えて頂いたのですが、その中で味の予測が出来てお手頃な価格だったコンソメを業務スーパーで購入致しました。

そしてそれを食事ローテーションに組み込んだのです。

味の変化ってのは偉大ですね。

これまで朝→味噌汁・夕→味噌汁だったものが、朝→味噌汁・夕→コンソメの変化だけで満足度が上がります。

もちろん私の舌は寛大なので、例え味噌汁続きだったとしても点数を減算する事はありません。

でも、この変化は加点にしかなりませんからね、満足度は跳ね上がります。

そして何故か自分の料理スキルまで上がったように錯覚できるのです。

実際の料理スキルは何も変化無いのですけどね、コンソメは偉大です。

料理スキルが無くても料理が上手くなったと錯覚できるなんて、先人の知恵の結晶は素晴らしいですね。

ますます自炊だけで満足できる要因が増えてしまいました。

どんどん外食のハードルが上がっていきます。




コメント(0) 

「さしすせそ」で十分だろ!と思っていた私が間違っていた [食事]

昨日、大寒が近いのにそれほどの寒さが無いと、生意気にも無職がせせら笑ったバチが当たったのか、今日はとても寒かったですね。

私の住んでいる地域でも、積もりはしませんでしたがチラホラ雪が舞っていました。

流石に貧乏体質な私でも、今日は石油ファンヒーターを付けている時間が、小一時間から小二時間に増えてしまいましたよ。

しかし、こう寒いと食べ物は温かい方が良い。

温かい食べ物と言えば鍋だの煮物だの、煮込んだスープごと食せる物が良いですね。

で、ここから本題に入りますけど、私はグルメな人間じゃないので料理の味付けなんて「さしすせそ」があれば十分などと思っていたのです。

確かに組み合わせで、それなりのバリエーションがある味を出せます。

別に食べ飽きる事も無いです。

でも、違う味も食べてみるとそれはそれで良い物。

きっかけはプレミアム商品券の端数調整のために、普段手に取らない調味料を追加した事です。

それが鶏がらスープの素でした。

で、それを何度か使って感じたのは「これは『さしすせそ』の組み合わせじゃ出せんな」って事ですね。

そしてその後、私は鶏がらスープの素を追加購入しています。

でもご安心下さい。

貧乏リタイアの本分は弁えていますので、一番やっすいヤツを買っています。

それであっても味に変化を与えるには十分過ぎる。

それまでの私は、某巨大掲示板のドケチ板で時折見かける調味料論争に「さしすせそで十分だろ!ドケチなら!」と首を傾げながら見ていましたが、ようやく論争する理由を見つけられた気がします。

まあ、そこで語られる調味料類は、私には高すぎるので手は出せませんけどね。

「さしすせそ」以外の手軽な調味料が解禁されて、ますます外食のハードルが高くなった無職でした。




コメント(4)