So-net無料ブログ作成

金が掛かっていないと錯覚できると得をした気持ちになれます [家庭菜園]

関東地方に到達する前に力尽きて温帯低気圧に変身を遂げた台風6号ナーリーさんですが、それでも雨風は強くなったのでプランター作物たちが気がかりでした。

被害的にはナスの花がいくつか飛ばされていたようですけど、受粉済みのやつかもしれないので被害ゼロだったと言っても良いでしょう。

そんな台風がやってくるような暑い季節が到来した事もあって、栽培中の夏野菜たちが収穫できるようになってきました。

特にオクラが順調に収穫出来ています。

現在4株のオクラを育てており、ナス・ピーマンに比べて小さなプランターしかあてがわなかった為に心配していましたが、杞憂だったようでナス・ピーマンよりも順調過ぎるくらい順調ですね。

涼しかった7月前半はナスの生育がストップして心配しましたが、こちらも花と実を付け始めたので一安心。

そして昼酌のツマミとして収穫したのが↓です。
ツマミ.jpg
こいつらをツマミとして食しましたよ。

単純にオクラは茹でただけ、ナスは半分に切って焼いただけです。

この素材が料理に変わった姿は写真に撮っておりません。

何故かと言えば、私の料理&写真スキルでは「美味そう!家庭菜園始めちゃおう!」って気持ちを起こせないだろうとの判断ですね。

素材の写真だけを見せて、あとは皆さんの想像力に訴えて美味しそうな料理をイメージしてもらう作戦です。

何にせよ、金を払って買っていないのに美味しいツマミが出来る。

お得な気持ちになれます。

実際には掛かっているんですけどね、でも店で買うよりお得な気持ちになれるのです。

野生のハンター2.jpg
そしてこちらは先日見かけた、我が野菜たちの用心棒です。

前回見かけたときは茶色の姿でピーマンを守っていましたが、すっかり緑色になってオクラの巡回をしているようですね。

完全肉食のムシは安心して愛でる事が出来ます。




コメント(4) 

最高の調味料 [家庭菜園]

最高の調味料と言われれば空腹でしょう。

それについては全く異論はありませんが、さすがに美味しさを求めて頻繁に断食する気にもなれません。

食事しないツラさは仕事をするツラさを凌駕する事がありますからね、そんなのに耐えるタフさがあるなら仕事を辞めて無職になんてなっていません。

しかし空腹以外に良い調味料を見つけました。

単純かつ安上がりな調味料です。

まあテメエで作った作物は美味いのだなと実感できただけです。

先日、オクラの花が咲いていた事を書きましたけど、そいつはしっかり受粉してくれていたようで、実を結んでくれていました。

それを今日確認したところ、結構なサイズにまで大きくなっていたのですね。

やばいと思いましたよ。

以前、スーパーで大きめのオクラが特売していたので喜んで買った事があるのですが、食べてみたら筋張っていて、菩薩の如き寛大な私の舌をもってしても「食えたもんじゃねえ」って感想を持ったものです。

あ、それでも貧乏性な私は筋張ったオクラを全て胃袋に納めたので、その点はご安心下さい。

私の胃袋は菩薩のレベルを越えております、唯一神レベルです、YHV・・・やめておこう。

話を戻すと、そんな苦い・・・じゃない固い経験を味わったので、焦って本日収穫した訳ですよ。

ついでに食べごろサイズになったもう一本も収穫。

写真は無いのです。

筋張ってそうなオクラの写真をのせてプギャ――m9(^Д^)――!!されでもしたら、社会からドロップアウトするほど弱い引き篭もり無職のメンタルはズタズタにされかねません。

まあそんな弱気な気持ちで、茹でて酒のつまみにしたのですけど、予想に反して全く筋張ってなかったのですよ。

そして、そんな無駄な覚悟を決めて食べたものだから、その反動もあってか「やべえこんなに美味いオクラ食べたのは初めてだ」なんて判定を私の舌は感じてしまったようです。

多分、他人に食べさせたら普通のオクラなんでしょうね。

マイナス覚悟からの助走があったとは言え、それだけでここまで美味しく感じるとも思えません。

やはり最高の調味料はテメエで作るって事なのでしょう。




コメント(0) 

ハンターと遭遇 [家庭菜園]

本日は引き篭もりにあるまじき2日連続の外出をしてきました。

昨日がウエルシアで今日が選挙でしたから仕方ありませんね。

雨が降っていない曇り空で、気温がやや控えめな暑さだったので助かりました。

まあ控えめな暑さと言っても自転車での移動なので、帰宅後に汗が噴出して不快な思いをしましたけどね。

そんな気色悪いベタベタ汗を即座に洗い流した後に、雨が降るかは微妙だったのでプランター野菜たちにお食事を与えました。

その中で種から育てた2株のピーマンがあるのですが、1株は葉を食われまくって息絶え絶えな状況なものの、もう1株は順調にいくつか実を結んでいます。

その1つが良いサイズになっていたので収穫しました。

実をハサミでパチンと切ると何やら蠢くものが見えます。

蠢くとの表現は正しくないですね、かすかに動いただけ。

よく見ると小さなカマキリでしたよ。
野生のハンター.jpg
中央の茶色いヤツですね。

お前、ピーマンで待ち伏せするのに茶色でいいのか?などと思いながら、肉食のカマキリを追い払う必要もありませんので放置する事に。

我が愛しきピーマンにタカる悪い虫どもを駆逐してくれる事でしょう。

力強いハンターが用心棒となってくれました。




コメント(0)