So-net無料ブログ作成

早稲田大学政治経済学部経済学科の雄弁会出身者が雄弁に語る [日記・雑感]

立憲民主党に所属している川内博史衆議院議員の「オスプレイは15トンだから15万円」が話題になっているようです。

立憲民主党・川内博史議員が話題の「鉄1トン1万円、オスプレイは15トンだから15万円」発言について説明
オスプレイって重さ15トンなんですけど鉄1トンはオーストラリアで買うと1万円です。 それが15トンですからホントは15万円ですよ。 いろいろ加工して、人手がかかっているから、いくらかは付加価値がつくかもしれないけど、15トンの鉄の塊は15万円なんです。だいたい。それがなんで200億にもなるの? と。どこがどうなったら200億になるんですかと、全部皆さんに請求書が回るんです。

などと語ったそうです。

さすが早稲田大学政治経済学部経済学科で雄弁会に所属していただけあって、人とは目の付け所が違う意見でも臆せず雄弁に語りますね。

目の付け所と言うか、脳みその回路自体が我々と違っている気もしますけど。

多分、某巨大掲示板あたりで発生する、原価厨の方々と同じ思考回路なのでしょう。

この人は在学中に何を学んでいたんでしょうね?

経済学と無縁に育った私でも、ここまで社会の仕組みを無視した原価厨にはなれませんよ。

そう言や、少し前に立憲民主の党首が「経済政策を打ち出していくぞ!」とか何とか言ってましたが、早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業なさった、立憲民主党常任幹事会議長、立憲民主党財務金融部会長の重要ポストを担っている方が、コレですか・・・

議会制民主主義は、まともな野党があってこそ機能すると思うのですが、最大野党がコレですか、そうですか。

日本の先行きが不安になってきますね。

そもそも、今どきの航空機が鉄主体だと思っている時点でアレですが。




コメント(2)